Ukulele Picnic in Hawai'i - ウクレレピクニックインハワイ
英語サイトへ 日本語サイトへ
新着情報 コンセプト 参加ミュージシャン スケジュール 参加費用と参加方法 開催場所 よくある質問 お問い合わせ
ツアーのお申込み
公式スポンサー
Musicians - 参加ミュージシャン
ホーム > 参加ミュージシャン
その他のウクピク情報
スマイルシューター

"ヨロシク☆サンキュ(Yoroshiku Thankyou) - ウクレレピクニックinハワイPRソング"
お陰様で1万回突破しました!
ウクレレを広めるため、スマイル☆シューターがあの名曲をカバー!

☆企画詳細はこちら
http://smileshooter.jp/?p=1781

スマイル☆シューターウクレレ
Team Ukulele Picnic in Hawaii

鈴比良あいり(CV:真堂圭)
桐沢楓 (CV:明坂聡美)
白瀬ティナ (CV: 五十嵐裕美)
フォトギャラリー
参加者の声
参加ミュージシャン
ブース募集
ウクピクブログ
Ukulele Picnic~日本のウクレレピクニック
オフィシャルTシャツ
本場ハワイのウクレレピクニックには、毎年たいくさんの素晴らしいミュージシャンたちが参加します。
日本からも、例年数多くの有名なミュージシャンたちが集まり、ハワイを、音楽を愛する国際色豊かなミュージシャンたちが同じステージで大変いに盛り上がります。
関口 和之/「ウクレレピクニック・イン・ハワイ」エグゼクティブプロデューサー
1955年新潟県生まれ。青山学院大学在学中に結成されたサザンオールスターズにベーシストとして参加、1978年、「勝手にシンドバッド」でデビュー。 30周年を迎えた2008年の8月には4日間のコンサートで30万人を動員。サザンオールスターズはまさに国民的なバンドとして愛されて続けている。
またバンド活動の傍ら、ウクレレ奏者、ハーブ・オータに出会ったことをきっかけに1992年からウクレレ普及活動を開始、以降、ウクレレをこよなく愛する ウクレリアンとしてアルバム4枚、シングル2枚をリリース、ウクレレ本、ビデオ、オリジナルウクレレなどを発表し、ウクレレブームを作り出した。音楽活動 の他、小説、エッセー、翻訳、またコラムの連載など多彩な活動を繰り広げている。

2012年10月24日には、4年半ぶりになる6枚目のオリジナルソロアルバム『UKULELE CARAVAN』をリリースする。
勝 誠二
日本でトップクラスのウクレレプレイヤー。あらゆるジャンルを超越するロックでポップなウクレレは唯一無二。
2010年夏、自身初のウクレレソロアルバム『CIDER POP!!』発表。一年足らずで完売!2011年、2ndアルバム『GET HAPPY!!』に続き2012年、3rdアルバム『Groovy Revolution』発表。ライブ、イベント会場のみで絶賛発売中。教則本やDVDをはじめ、アレンジが素晴らしいと評判の曲集を数多く出版。現在は日本のみならず活躍の場を海外にまで広げている。
ジェイク・シマブクロのスコアを書く事を許された世界唯一の男。ウクレレえいじ氏から『ウクレレ界のヨン様』と紹介され以後定着。実は『ウクレレ☆エルヴィス』だったりもする。
IWAO
1989年レコード会社に送ったデモテープがきっかけでコロムビアレコードよりメジャーデビュー。以後シン ガーソングライターとして、9枚のアルバムをリリース。1991年ギタリスト、佐橋佳幸を通してウクレレに出会い、ハーブ・オータに感銘を受け、以後ウク レレにのめり込む。97年頃より、ウクレレプレーヤー/ギタリストとしての活動が主になる。99年、IWAOとしてウクレレアルバム「ウクレレマン」をリ リース。現在までに8枚のアルバム、2枚のマキシシングルを発表。テクニック,音楽性ステージパフォーマンス,どれをとっても日本一のウクレレプレイヤー として知られている。ハーブ・オータ、ハーブオータJr. 、ジェイク・シマブクロらハワイのプレーヤーと頻繁に共演。2008年にはNHKテレビでウクレレ講師として出演するや,全国的にウクレレの売り上げが増 大するという現象を引き起こした。ギタリストとしては、主に原田真二、森山直太朗、ケツメイシなどのコンサートサポート、レコーディングに参加するなど意 欲的に多方面に活動中。
分山 貴美子
福岡市生まれ。国立音楽大学卒業。世界的にも数少ないプロの口笛プレイヤー。 2007年4月、アメリカ・ノースカロライナ州で開催された第34回「国際口笛大会」に初出場し 総合優勝(成人女性の部)。 3オクターブに及ぶその音色は、女性らしさにあふれ、ラブリー・チューンと賞賛される。 CD「口笛天国」は、口笛のソロ・アーティストとして初のメジャー・リリース。 数々のテレビ番組や映画など、従来の口笛のイメージにとらわれず、幅広く活躍中。2010年、NHK教育「おかあさんといっしょ」で作詞曲を担当、「グラン・ジュテ」でくちぶえ人生を紹介される。
kimikowakiyama.com
フラリーパッド
fulare_pad [フラリーパッド]とは、ふらり、旅に出るという意味の造語。
ウクレレの前田大輔、ギターの清水英之による、京都発アコースティック・インストゥルメンタル・デュオ。
幼なじみで、同じ13歳でエレキギターを始めた2人は、各々の活動を経て、ウクレレとアコースティックギターで再会し、2005年にfulare_padを結成。
2007年に初のミニアルバム『fulare_pad』を発表し、ライブ活動を活発化。地元京都のテレビに出演したのがきっかけで、2008年に代表曲「サマー・シュプール」が、化粧品SK-IIのテレビCMに起用され一躍話題となり、EMIミュージック・ジャパンよりアルバム『京風(きょうふう)』でメジャーデビュー。
2009年2月から新曲「オーシャン」が、再びSK-IIのテレビCM曲として使用され、同年5月にはセカンドアルバム「フラリー・トロリー・ツアー」をリリース。
2010年夏、初のセルフプロデュースによるサードアルバム『風風風~fufufu~』をリリース。サッポロ・シティ・ジャズ2010  パークジャズライブ・コンテストにて、審査員特別賞を受賞。
現在、全国各地のカフェやライブハウスなどで、勢力的にライブ活動中。 そのフレッシュでエネルギッシュなサウンドで、人々の心に爽やかな風を届けている。
岡田央
2005年マウイ島で行われたファルセットコンテストで日本人初のハワイ語賞と優勝の同時受賞を果たす。
2006年にはハワイにてCDをリリース。ハワイでの大きなフラの大会などでも演奏活動を行う。
ハワイのグラミー賞と言われるナホクハノハノアワード2007年の日本人初のファイナリスト。
Herb Ohta
オータサン

1934年ホノルル生まれ。7歳よりウクレレを始めたオータサン。エディ・カマエに影響を受け、その後毎日 6時間、約10年間にかけて練習をひたすら続け、独自のウクレレ奏法を確率し、15歳でプロデビュー。その後、朝鮮戦争の間、米軍海兵隊で司令官の通訳と して11年間、韓国と日本に駐屯し、帰国後、改めて音楽の道に進む。『Song for Anna』は世界的なヒットとなり、600万枚の売り上げを突破。その後、日本を含む世界各地でツアーでまわり、今までに70枚を超えるアルバムをリリー ス。約6000曲のレパートリーをもつ。ハワイアンのみならず、ジャズ、ラテン、クラシック、ポップ、ロック、ウェスタンなど幅広いジャンルで洗練された サウンドとテクニックでウクレレを奏でるウクレレの神、その親しみやすいキャラクターも、彼の人気の秘密でもある。
http://www.ohtasan.com/
Ku`uipo Kumukahi
クウイポ・クムカヒ

女性フラミュージックシンガーの第一人者、クウイポ・クムカヒは、『ザ・スイートハート・オブ・ハワイ』の愛称で呼ばれ、ハワイ中で最も敬愛されているアー ティスト。その美しく包容力ある優しい歌声は『Voice with a tear』(涙を促す歌声)としても知られている。ハレクラニガールズ、ジェノア・ケアヴェなどに影響をうけたクウイポは、8歳でウクレレを学び、その後 ギター、ベース、スラッキーなどの奏法をマスター。CDデビューは19992年。現在までに15枚以上のCDをリリースし、ナ・ホク・ハノハノ・アワード やハワイ・ミュージック・アワードは数知れないほど受賞している。ハワイアン・ミュージックを継承することに熱心なクウイポは、HARA(ハワイ・アカデ ミー・オブ・レコーディング・アーツ)のプレジデントとして日々活躍している他、ハワイアン・ミュージック・ホール・オブ・フェイム・セレネーダーのアー ト・ディレクターでもあり、更にはいわずとしれたフラの大御所、マイキ・アイウ・ファンデーションの副創立者でもありハーラウ・ハワイイの教師でもあり、 日本にも沢山の弟子をもっている。
毎週金曜日、ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンターのヘルモア・グローブで レギュラーライブを行っているクウイポ、メンバーは、アイザック・アクナ(スチール・ギター)、またはハワイアン・ミュージック・ホール・オブ・フェイ ム・セレネーダーズと一緒のパフォーマンス。ハワイ島アレアマイで、ハワイアンの両親にハワイアンとしてのモラル、価値、伝統を教え込まれてきたクウイ ポ。もちろんハワイ語も堪能、大きな大地を感じさせるようなトラディショナル・ハワイアン・ミュージックシーンには欠かせない存在だ。
http://ekuuipo.com/
Natalie Ai Kamauu
ナタリー・アイ・カマウウ

ハラウ・フラ・オラナ主宰のハワード&オラナ・アイの娘で、1990年、ハワイ最大のフラの祭典メリー・モナーク・フラ・コンペティションでその年の Miss Aloha Hulaを獲得。美しい容貌と歌声を兼ね備え、ハワイで人気、実力共に絶大のアーティストとして、特にフラ・ファンから大きな支持を得ている。パートナー のイオラニと共に元ポップ・グループ、サンランドのメンバーとしても活躍した後、2005年、ファースト・ソロ・アルバム「E」をリリース。見事2006 年のナ・ホク・ハノハノ・アワードで「フィーメル・ヴォーカリスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞。また待望の2ndアルバム「’I」では、2009年のナ・ ホク・アワードで同じく「フィーメル・ヴォーカリスト・オブ・ザ・イヤー」に輝いている。
Pali
パリ
「パリ」とは、リーダー、パリ・カアイフエの本名。セシリオ&カポノのヘンリー・カポノ・カアイフエの従兄 弟にあたり、さらに叔父(ロディ・ロペス)が、Pandanus Clubのボーカルだったりと音楽に囲まれて育った。
 高校卒業後、2年ほど名古屋とハワイを行き来する生活をはじめ、ナガシマスパランドでハワイアンラ イブを行っていた。2001年、高校からの良き友人、ケヴィン・カシワイと共に音楽活動を開始、コンテンポラリー・ハワイアン・ミュージックをベースにし た「トロピカル・アイランド・デイ」「フォー・ユー」といったヒット曲を放ったデビュー・アルバム『パリ』では、ナ・ホク・ハノハノ・アワードで2部門ノ ミネート、ハワイ・ミュージック・アワードなども受賞し、ついに3枚目となるアルバム、往年の人気グループ、カラパナ、セシリオ&カポノ、サマー等のカ バー曲を収録した『トリビュート』で、ナ・ホク・ハノハノ・アワードを受賞。ハワイの音楽シーンで、パリを確実に位置づけた作品となった。2009年はダ ブルCDアルバム『With Aloha』ではナ・ホク賞3冠王となる。更には、パリが曲を提供した、2008年リリースのコンピレーション・アルバム『スラッキー・キングズ Vol. 2』で、2009年グラミー賞にもノミネートされている。J-popの大ファンでもあるパリは、過去にゴスペラーズ、伊藤由奈などと演奏を共にし、昨年の ウクレレ・ピクニックではサザンオールスターズの『勝手にシンドバッド』をイベントのラストソングとして披露し、会場を盛り上げた。
ミュージシャンとして活躍するかたわら、人気テレビ番組『DOKOGA TV: Japan mania』の制作&レポーターをJ-waveのナビゲーター、内田佐知子と共に担当する他、HARA(ハワイ・アカデミー・オブ・レコーディング・アー ツ)の副社長でもあり、由緒あるフラの競技会「メリーモナーク・フェスティバル」の開催団体、フラ・プレザーベーション・ソサエティの役員等も務め、ハワ イの音楽および文化の継承に大いに貢献している。更には、ハワイの旬な音楽を世界にもっと紹介したいと、アラモアナ・ホテル内でパケレ・ライブというコン サートシリーズをプロデュース。
オールマイティなパリは、2010年の4月、『新婚さんいらっしゃい in Hawaii』にも出演して話題を呼んだ。
http://www.pali.net/
Herb Ohta Jr.
ハーブ・オータ・Jr.
ウクレレの神様として知られるウクレレ奏者、オータサンを父に持つウクレレ界のサラブレッド。ジュニアが3 才の時点で、ウクレレで『ハッピー・バースデー』が弾けるようになっており、その後父の厳しい指導を受けたジュニアは10歳には人にレッスンを教えられる ほどの腕前に。プロデビューは1997年、彼が19歳の時。マカハ・サンズの影響で傾倒したハワイアン・ミュージックをはじめ、ポップス、ボサノバ、J- pop、スタンダードなどあらゆるジャンルの音楽をウクレレでジュニア風に弾きこなす。今までに8枚のCDをリリース、ソロの作品の他、ダニエル・ホーや ケオキ・カフモクなど多くのアーティストとのコラボレーション作品もリリース、2006年の夏には父、オータサンとの初めてのデュオアルバム『オハナ』が リリースされ、話題を呼んだ。実験的なウクレレ奏法がはやっている中、ジュニアは父オータさんのスタイルを忠実に守り、シンプルで暖かい心に響くウクレレ サウンドを奏で続けている。世界中にウクレレの魅力を伝えたいと、ハワイ、日本、アメリカ本土やカナダなどツアー活動で忙しいジュニア。エンタテイナー、 レコーディングアーティスト、作曲家、プロデューサー、そしてウクレレ・インストラクターとして、日々幅広い活動をしている。
http://www.herbohtajr.com/

David Kamakahi
デビッド・カマカヒ
グラミー賞でも受賞経験を持ち、2009年にHawaiian Music Hall Of Fameにその名を永久のものとして刻んだハワイの有名なスラッキーギター奏者、シンガーソングライター、デニス・カマカヒを父に持つデビット・カマカヒ。
15歳でウクレレを弾き始め、米国本土、日本などで豊富なツアー経験を持つ。過去に12枚のアルバムをレコーディング。2005年のナホク賞で初ソロアルバムがBest Contemporary Album of the Yearに輝く。

Mark Yamanaka
マーク・ヤマナカ

1980年オアフ島ホノルルに生まれる。両親の実家であるハワイ島ヒロにその後引っ越し、ヒロにて育つ。ナー・パラパライのバンド・メンバー、またメリー・モナークのハウス・バンドの一員として活躍。
アンクル・ジョニー率いるハーラウのハウス・バンドの秘蔵っ子でもある。

2010年11月22日にリリースしたマーク・ヤマナカのデビュー・アルバム、『レイ・プア・ケニケニ (Lei Pua Kenkeni)』は、デビューCDにして、2011年のナー・ホク・ハノハノ賞に7部門ノミネートされ、4部門-最優秀新人賞、最優秀男性ヴォーカル賞、最優秀アルバム賞、最優秀楽曲賞-を受賞するという偉業を成し遂げた記念すべき第一作。最優秀楽曲賞の受賞曲「カレオオ ナーラニ」は今年六歳になった愛娘に捧げた曲。まさに現在最も人気のある注目株&若手ミュージシャンの一人である。

Mailani Makainai
マイラニ・マカイナイ
オアフ島カイルア育ち。音楽一家に生まれたマイラニは、2歳で歌い始め、高校時代に独学でウクレレを習得した。マリノール高校でレイ・メルケットと出会い、後に『ケアヒヴァイ』を結成する。
『ケアヒヴァイ』は2001年にファースト・アルバム『ローカル・ガールズ』を発表。ナー・ホク・ハノハノ・アワーズを2部門で受賞、喝采を浴びる。 翌2002年にセカンド・アルバム『サティスファイ』を発表、収録曲「フォーリング」が大ヒットとなる。その後も順調に3枚のアルバムを発表、ポリネシアやウェスト・コーストでツアーを行い、ハワイで最も人気のある女性デュオに成長する。
この間マイラニは自分の学業も両立させ、ハワイ大学を卒業。ヒーリング・アートに興味を持っていた彼女は、その後ロミロミ・マッサー ジ・セラピストの資格も取得、最近ホノルル市内に自身のデイスパをオープン。また、2003、2004年にはメリー・モナーク・フェスティバルにてハーラ ウ・モーハラ・イリマのバックで演奏する機会を得る。その後ドクター・トレイにポッドキャストに誘われたのを機に、新グループ、マイティ・ジェイを結成、 『コーリング・アウト』(2007年)を発表。
2009年ソロ・アルバム『マイラニ』を発表。ケアヒヴァイの頃から変わらないマイラニ独特の美しい歌声と誠実な性格は人々に愛され、ハワイで絶大な人気を得ているシンガーである。
http://www.mailanimakainai.com
Napua Makua
ナプア・マクア (旧姓 グレイグ)

ナプアは現在マウイ島にてHalau Na Lei Kaumaka O Ukaを開いています。ナプアはジョニー・ラム・ホー、ホクラニ・ホルト・パディラからフラを学びました。2004年にメリーモナークに参加をし、以後メ リーモナークには毎年参加をして輝かしい成績を残しています。2007年にはナプアのファースト・アルバムである、「Pihana」をリリースし、ミュー ジシャンとしての活動を開始させています。2008年に開催されるナホクハノハノ・アワードの女性ボーカリスト獲得最有力候補とされています。

Kenneth Makuakane
ケネス・マクアカネ

ハワイ音楽界の敏腕プロデューサー、ソングライター、ミュージシャン。80年代にハワイアン・バンド、パンダナス・クラブのリーダーとして活躍、その後ソングライターとして多くのハワイアン・シンガーにヒットソングを書き、数々のアーティストのヒット・アルバムをプロデュース。ナレオの名曲「I Miss You My Hawaii」の作者であり、ナレオの多くのアルバム、ライアテアやアネライカラニのデビュー・アルバムのプロデュースなど、手がけた作品は枚挙にいとまがない。

http://www.makuakane.com

Jody Kamisato
ジョディ・カミサト

ジェイク・シマブクロ、トロイ・フェルナンデス、ピーター・ムーンらにウクレレの手解きをうけ、ロイ・サクマ・ウクレレ・スクールでも学ぶ。ジョディは、ハワイで最も創造力に富んだインストラクターでありミュージシャンである。

http://www.ukulelestudio.com/p/jody-kamisato.html
Kainani Kahaunaele
カイナニ・カハウナエレ

カウアイ島アナホラ出身。ミュージシャンである家族や、親戚に囲まれた幼少時代をカウアイ島で過ごす。ハワイ大学ヒロ校にてハワイアン・スタディーズの学士号を取得。在学中にデビューCD「Na'u 'Oe」をリリース。
ナ・ホク・ハノハノ賞を含む数々の賞を受賞。
現在ハワイ大学ヒロ校にて修士課程の大学院生として勉学に励む傍ら、ハワイ語学の講師としても勤務。ご主人と娘と共にヒロ在住。ご主人はハワイ文化活動家としても有名なハレアロハ・アイアウ氏。
http://www.kainani.com
The super jam
ザ・スーパージャム

   
ページの上へ戻る
公式スポンサー Sponsors of Ukulele Picnic in Hawai'i
公式スポンサー
Ukulele Picnic in Hawai'i - ウクレレピクニックインハワイ
UKULELE PICNIC IN HAWAII
ウクレレピクニック・イン・ハワイ
ホーム新着情報コンセプト参加ミュージシャン当日スケジュール参加方法開催場所
メディア掲載みんなのブログイベントの楽しみ方ウクレレの歴史ウクレレファンデーションとは?ポスター&パンフレットフォトギャラリーミュージシャンからみたウクレレピクニックインハワイウクレレ動画過去のツアー紹介参加者の声
参加申し込みブース募集オフィシャルTシャツオークションスタッフ紹介スポンサー紹介FAQお問い合わせ

ウクレレを通して家庭に世界にそして地球に平和がおとずれますように・・・
Copyright©2009-2017 UKULELE PICNIC IN HAWAII. All rights reserved.